CATEGORY

Salesforce

ページサイズ変更時に要チェック! 連動する機能リスト

RaySheetには「ページサイズ」という機能があります。ページサイズでは1ページに表示するレコード数を指定することができます。指定した数以上のレコードは、2ページ目以降に表示されます。 RaySheetのいくつかの機能は、ページサイズで設定したレコード数に連動して動作します。 例えば、数式列は1ペ […]

RaySheetを安心して使えるワケ 権限を設定して運用できる

システム導入をするときに課題になるのが「権限設定」です。 複数人で同じシステムを使うことになるので、ユーザーの操作を適切にコントロールできることが大切です。特に大規模で運用する場合に、権限設定は重要視するポイントではないでしょうか? RaySheetでは、RaySheet上で行える操作や設定を制御す […]

RaySheetで集計を兼ねた簡易レポートを作成!

今回のRayKit活用ブログでは、RaySheetでレポートのように集計機能を兼ねた一覧を作成する方法をご紹介します。 RaySheetで行いたい集計があるものの「どの機能を使ってどのように実現すべきか」とお悩みの方にもおすすめの内容です。

RaySheetの数式列を解説!

Salesforceで計算が行える項目として「数式項目」があります。 実は、RaySheetにも計算が行える「数式列」という機能があります。この記事ではRaySheetの数式列の活用シーンについてご紹介したいと思います。

Salesforceでカンタン予実管理ー主従関係編

今回のRayKit活用ブログでは、主従関係にあるオブジェクトのリレーションのみで実現できるシンプルな予実管理をご紹介します。「積み上げ集計」で予実管理を実現するものになります。 RaySheetを併せて活用することで予実データを一画面で管理できるので、ぜひチェックしてください!

Salesforceを利用したスポーツジムでの新型コロナ感染対策 ユースケース

今回ご紹介するユースケースは、スポーツジムで感染者が発生した場合の感染可能性がある会員の洗い出しです。 下の図のように、バーコードで読み取った情報をSalesforceで「利用記録」として保存し、感染者が発生した場合に利用記録を追うことで、感染リスクのある会員のリストアップを可能にします。

>AppExchangeアプリ「RayKit(レイキット)」

AppExchangeアプリ「RayKit(レイキット)」

RayKitはSalesforceの入力に関する操作性や機能を拡張する製品です。ブログではSalesforceの活用の幅を広げたい方やExcelライクにSalesforceをされたい方に役立つさまざまな情報をお届けします。

CTR IMG