Salesforceで躓くポイントの乗り越え方とRaySheet

Salesforceを導入して営業マネジメントを効率化させようと思ったものの、「現場に展開してからなかなか定着が進まない」とお悩みの方はいませんか?

Salesforceで躓くポイントの乗り越え方

導入時に躓く理由としては、こういったものがあります。

  • 一覧での操作性の低下
  • 入力効率が下がったことによる、現場が抱える不満の表面化
  • 入力されず、分析に必要なデータが蓄積されない

Salesforceを導入する際、Salesforceが自社にもたらす効果は大いに感じられているかと思います。しかし、実際に運用を定着させるためにすべきことは検討時のピースから抜けていることが多いのではないでしょうか?
そして、先ほど挙げたような理由を改善することが定着の鍵となります。

今回は、RaySheetがSalesforce定着のために貢献できることを簡単にまとめた「Salesforceでの営業マネジメントが定着するRaySheet」という資料をご紹介します。
▶資料ダウンロード
※個人情報の入力なしでダウンロードできます

「Salesforceでの営業マネジメントが定着するRaySheet」