RayKit活用ブログ -SalesforceとExcelのイイトコドリ-

RayKit活用ブログ
-SalesforceとExcelのイイトコドリ-

RaySheetアップデート:フローの実行など(2021年6月)

RaySheetでは、カスタムアクションという機能を使ってRaySheet上からフローの実行が行えます。従来は、フローのURLやパラメータの設定を行う必要があり、少し複雑でした。アップデート以降は、より簡単に設定が行えるよう新たに機能追加をしています。見積作成を例に改めてご紹介します。

RaySheetで集計を兼ねた簡易レポートを作成!

今回のRayKit活用ブログでは、RaySheetでレポートのように集計機能を兼ねた一覧を作成する方法をご紹介します。 RaySheetで行いたい集計があるものの「どの機能を使ってどのように実現すべきか」とお悩みの方にもおすすめの内容です。

関連データを連動表示 RaySheetの「関連オブジェクト」

RaySheetの「関連オブジェクト」という機能を使うと、「取引先と商談」「取引先と取引先責任者」のように、関連データを同じ画面上に連動して表示できるのはご存知でしょうか? 画面遷移なく関連するデータを扱えるので、閲覧・入力ともに効率よくデータを管理できるメリットがあります。

RaySheetの数式列を解説!

Salesforceで計算が行える項目として「数式項目」があります。 実は、RaySheetにも計算が行える「数式列」という機能があります。この記事ではRaySheetの数式列の活用シーンについてご紹介したいと思います。

Salesforceでカンタン予実管理ー主従関係編

今回のRayKit活用ブログでは、主従関係にあるオブジェクトのリレーションのみで実現できるシンプルな予実管理をご紹介します。「積み上げ集計」で予実管理を実現するものになります。 RaySheetを併せて活用することで予実データを一画面で管理できるので、ぜひチェックしてください!

>AppExchangeアプリ「RayKit(レイキット)」

AppExchangeアプリ「RayKit(レイキット)」

RayKitはSalesforceの入力に関する操作性や機能を拡張する製品です。ブログではSalesforceの活用の幅を広げたい方やExcelライクにSalesforceをされたい方に役立つさまざまな情報をお届けします。

CTR IMG