RayKit活用ブログ-SalesforceとExcelのイイトコドリ-

Salesfoceの活用の幅を広げたい方に必要な情報をお届けします。グレープシティ株式会社RayKitチームが運用しています。

サブスクリプションビジネスの肝「MRR」 -契約情報とMRRを構成する指標を見やすく管理できるRaySheetの機能-

サブスクリプションビジネスに欠かせないMRR管理

近年、サブスクリプションビジネスを展開する企業が増えてきました。サブスクリプションビジネスは、従来の「販売型」で初期費用を主な利益とするビジネスとは大きく特徴が異なります。
今回は、サブスクリプションビジネスの肝ともいえるMRR(月間経常収益)をSalesforceで管理する際に、RaySheetではどのように管理が行えるのかご紹介します。

  • サブスクリプションビジネスを左右するMRR(月間経常収益)について
    • MRRとは?
    • MRRを大きくするために大切な4つの要素
  • RaySheetでMRR管理を行う利用例
    • 契約管理を行うためのオブジェクト構成と契約の管理方法
    • ◎グローバルトーチさんの契約状況を確認する場合には?
  • 複数のオブジェクトを1つの画面で表示するRaySheetのどこでもView
  • まとめ
    • RaySheetでMRR管理を行う事例
    • 実際の画面で操作を行う
続きを読む

SalesforceでExcelのように手軽に項目追加しよう

Excelのように手軽に項目追加できるワーク列のご紹介

今回は、Excelのように手軽に追加できるRaySheetの「ワーク列」という機能について解説します。記事の終わりには、ワーク列を活用されている事例をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • Excelの良さは手軽さと自由度の高さ
  • Salesforceのカスタム項目
  • Excelのように一時的な管理項目を追加できるRaySheetのワーク列
    • 【活用例1】 要フォロー商談にフラグを立てる
    • 【活用例2】 イベントの案内が完了しているかチェックする
  • ワーク列の共有範囲
  • 事例をチェックしてユーザーの声を聞いてみよう
続きを読む

Excelを使うようにSalesforceの商談を管理しよう

Salesforceの商談管理をExcelライクに行う

Salesforceを導入する以前にExcelで商談管理を行っていたことはありませんか。Excelは一覧表示での入力や様々な機能によって、入力のしやすさや確認しやすい画面を作成することができ、大変便利なツールです。
RaySheetを利用するとSalesforceの一覧画面をExcelのように扱うことができ、効果的に商談管理を行うことができます。本記事では、【入力編】と【確認編】に分けながらSalesforceの商談管理をより効率的に行う方法についてご紹介します。

続きを読む

予実管理や在庫管理を実現 - 数式結果をSalesforceに自動保存

予実管理と在庫管理を実現する

RaySheetではExcel関数と演算子を利用した数式を使うことができるので、一覧上のデータを用いて複雑な計算をすることができます。また、数式で計算した結果をSalesforceの任意の項目に保存することができるので、計算結果をSalesforceのレポートやダッシュボードですぐに分析することもできます。

続きを読む

ToDoを一覧化して「やることリスト」を一括登録する

ToDoを一覧化して「やること」の可視化をする

SalesforceのToDo(活動予定)はとても便利な機能です。リードや取引先責任者といった「人」に対してToDoを登録することもできますし、商談やキャンペーンに対して作業リストを登録することもできます。ToDo一覧を作成し、一覧上でフラグを変更したり詳細のテキストを編集したりできると、自分の作業予定を立てるのがとても楽になります。また、マネージャは誰がどういう作業を行う(行った)のか一覧することもできるので、「日報や週報を廃止する」ことも可能です。
しかし、Salesforce標準のToDoリストビューでは一覧上での登録や編集ができません。そこで、この記事ではRaySheetを使って一覧画面で新規ToDo登録や一括編集を行う方法を紹介します。日報や週報を廃止して作業時間の短縮化したい方は必見です。

続きを読む

プロセスビルダーでバーコード読み取り機能を実現!


本記事は、バーコード読み取りをプロセスビルダー、つまりコードを伴う開発の必要がなく、バーコードの読み取り機能を実現する方法について記載しています。バーコードの読み取り機能でできることの詳細は前回記事をご覧ください。前回記事でご紹介したイベントの出欠確認のユースケースを例に、同じ動作をプロセスビルダーを使って実現したいと思います。

続きを読む

Chatterフル活用で働き方改革―感謝のしるしにバッジを贈る

Chatterで感謝のバッジを贈る

現代の仕事はオンライン&チーム戦。さまざまな役割の人とオンラインで協業するのが当たり前です。グループウェアを使って作業を依頼したり、ファイルを共有したりできるので世界中のどこにいてもチームメンバーとプロジェクトを進められます。しかし、顔を見ないコミュニケーションは認識の相違や不安を抱いたりすることも。こうした行き違いを防いで、人間関係を潤滑にできれば仕事のストレスが軽減し「働き方改革」につながります。そこで今回の記事ではSalesforceのChatterで感謝を手軽に伝える方法と、RaySheetを使って、感謝の習慣をチームに定着させるという業務改善方法を考えてみたいと思います。

  • 設定の目的
  • Chatterでメンバーに感謝を贈る
  • 設定手順
    • Chatterの「感謝」機能を有効にする
    • リードや取引先責任者上のChatterフィードにも「感謝」を表示させる
  • 感謝した人・された人の状況管理
  • まとめ
続きを読む