RayKit活用ブログ -SalesforceとExcelのイイトコドリ-

RayKit活用ブログ
-SalesforceとExcelのイイトコドリ-

RaySheetで項目行をデザインしたビューを作成

社内にあるExcelをSalesforce+RaySheetでシステム化する際に、「どこまで元々のExcelに近い見た目にできるのか」を気にされる方は意外と多いんじゃないでしょうか? もちろん、100%これまでと同じにするのがベストではないですが、馴染みのある画面であれば入力時の障壁も下がりますし、 […]

【導入事例】Salesforceにおけるカスタム開発の課題を解決。介護・保育事業での求人・求職マッチング管理を効率化したRaySheet

介護や保育領域における人材紹介事業を展開する株式会社フェスコム様の導入事例を公開しました。 この事例のポイント ・求人と求職情報をRaySheetで並列表示し効率的なマッチングが可能に ・Salesforceの画面開発を内製化できるので現場の要望に柔軟に対応

ページサイズ変更時に要チェック! 連動する機能リスト

RaySheetには「ページサイズ」という機能があります。ページサイズでは1ページに表示するレコード数を指定することができます。指定した数以上のレコードは、2ページ目以降に表示されます。 RaySheetのいくつかの機能は、ページサイズで設定したレコード数に連動して動作します。 例えば、数式列は1ペ […]

RaySheetを安心して使えるワケ 権限を設定して運用できる

システム導入をするときに課題になるのが「権限設定」です。 複数人で同じシステムを使うことになるので、ユーザーの操作を適切にコントロールできることが大切です。特に大規模で運用する場合に、権限設定は重要視するポイントではないでしょうか? RaySheetでは、RaySheet上で行える操作や設定を制御す […]

RaySheetアップデート:フローの実行など(2021年6月)

RaySheetでは、カスタムアクションという機能を使ってRaySheet上からフローの実行が行えます。従来は、フローのURLやパラメータの設定を行う必要があり、少し複雑でした。アップデート以降は、より簡単に設定が行えるよう新たに機能追加をしています。見積作成を例に改めてご紹介します。

関連データを連動表示 RaySheetの「関連オブジェクト」

RaySheetの「関連オブジェクト」という機能を使うと、「取引先と商談」「取引先と取引先責任者」のように、関連データを同じ画面上に連動して表示できるのはご存知でしょうか? 画面遷移なく関連するデータを扱えるので、閲覧・入力ともに効率よくデータを管理できるメリットがあります。

RaySheetの数式列を解説!

Salesforceで計算が行える項目として「数式項目」があります。 実は、RaySheetにも計算が行える「数式列」という機能があります。この記事ではRaySheetの数式列の活用シーンについてご紹介したいと思います。

>AppExchangeアプリ「RayKit(レイキット)」

AppExchangeアプリ「RayKit(レイキット)」

RayKitはSalesforceの入力に関する操作性や機能を拡張する製品です。ブログではSalesforceの活用の幅を広げたい方やExcelライクにSalesforceをされたい方に役立つさまざまな情報をお届けします。

CTR IMG